FC2ブログ
コズミック・ウーマン Cosmic Woman

Archive2019年03月 2/3

  • えー、オーストラリアでこんなパフォーマンスもあったんだ。2002年1月29日のこと。ジェイはファッションも声も絶好調!オーストラリアのパーフェクト・サマーデー♪を楽しんでくれたのだろう☀️人気ブログランキングにほんブログ村...

  • 「オール・グッド・イン・ザ・フッド」…これもジェイの自宅スタジオなんだろうけど、やっぱりステージのビデオより各バンドメンバーが作ってる音が聞きやすく、素晴らしさが伝わってくるね。ジャミロ・ビデオのコメントでよく「これぞ完璧」というのがあるけどまさにそれかな?⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ ジェイもなんか真剣な顔つきでお仕事してます😅"Extended version"はさらにファンキーという評判(音声のみ)アコースティック・バージョン人...

  • View this post on Instagram Cheapest keyboard player I ever had. Casiotone never sounded so good! #keyboard #goodtimes #familylife #jaykay A post shared by Jamiroquai (@jamiroquaihq) on Mar 14, 2019 at 12:29pm PDT キーボードを夢中で演奏している可愛いコにジェイはぞっこんのよう!スキルはまだまだかもしれないけれどコネもあることだし将来はアシッド・ジャズかエレクトロニカの線で結構いけるんじ...

  • これまたよく知られてる曲なのに忘れてた(>人<;) なんか公式ビデオが不思議なんですが(ウゴウゴルーガ向け?)😅…でもメッセージは素晴らしい。憎むことをやめよう、僕らには与える愛がある❤️❤️この曲のライブ・ビデオ、昔のはあんまりないんだけど最近のはけっこう多い。ジェイがまたこれを歌っているのはやはり憎しみが溢れてる世界を危惧してのことかな?今日もあったよ!インストゥルメンタル版↓人気ブログランキングにほん...

  • あちゃー、こんな大事な曲をまだ「ジャミロ曲」カテに入れてなかった😅このビデオ、あまりにも若くて別人のように見えるね。ジェイは16、17歳の頃から社会に対しての怒りが消せなかったと何かで言ってたけど、高校生が学歴社会に怒るのとは違って「なぜこんなに多くの人が戦争で若死にしなきゃいけないの?」というもっともっとシリアスな、でもイギリス人ならそんな切羽詰った危険はないでしょ、という問題に立ち向かったのが...

  • 1997年、帽子なしキリスト・ルックのジェイがアメリカで有名な『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ』に出演。このジェイ・レノ氏もカーマニアとして知られていてバイクを含め190台を所有しているというから二人のジェイはさぞかし話に花が咲いただろうね!この日の「ヴァーチャル・インサニティ」はなかなか素敵なアレンジ🌷 (オリジナルはこっちを見てね)人気ブログランキングにほんブログ村...

  • これは2010年の「いわく付き」オーディション番組出演。もちろんジャミロクワイはゲスト出演だったんだけど、ジェイと審査員の女性二人との間に番組前、諍いがあったらしく、ゲスト・パフォーマンスの後には必ず拍手する審査員たちが頑なに拒否。一人は(ジェイが一時付き合っていたとも言われる)カイリー・ミノーグの妹のダニー・ミノーグだけど、特に問題があったのはもう一人のシェリル・コールという女性。ジェイはアーテ...

  • この曲は前アップしたけど、今回は写真たっぷりのミーハーバージョン!見たことない写真も結構あったし💚 フィナーレは圧巻のハイノート🎵人気ブログランキングにほんブログ村...

  • 1993年…ジャミロクワイは緊急事態の地球を救おうとしたようだけど2019年、今も同じ問題が続いているね。人種差別もなくなっていないし、国と国の溝は深まるばかり…😩1997年 Phoenix Festival⤵︎これはイギリスでのみ販売された最長バージョンだって。⤵︎1993 イギリス ライブ かなり違ったアレンジ1993 アルバム・バージョン人気ブログランキングにほんブログ村...

  • 2019年03月03日 0

    これはリリースされることのなかった曲で1986年とも1988−1991年の間とも言われている。どちらにしても若〜い頃のジェイの歌声。まだジャミロクワイが生まれる前だったと言ってもいいのかな?人気ブログランキングにほんブログ村...